経歴

職歴

10/2018-現在


所属: 東京大学 大気海洋研究所
系: 気候システム研究系
部門: 気候モデリング研究部門
分野: 気候システムモデリング研究分野
役職: 准教授
大学院教育 東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 地球惑星システム科学グループ(11/2018-現在)
学部教育: 東京大学 理学部 地球惑星環境学科(11/2018-現在)

4/2014-9/2018


所属: 北海道大学 大学院地球環境科学研究院
部門: 地球圏科学部門
分野: 大気海洋物理学分野
役職: 准教授
大学院教育 北海道大学 大学院環境科学院 大気海洋物理学・気候力学コース(4/2014-9/2018)
学部教育: 北海道大学 理学部地球惑星科学科 大気海洋物理学グループ(12/2014-9/2018)
兼務: 北海道大学 北極域研究センター (4/2015-9/2018)
兼務: 北海道大学 国際連携研究教育局GI-CoRE (4/2016-9/2018)

7/2009-3/2014


所属: 東京大学 大気海洋研究所 気候システム研究系 [旧:気候システム研究センター] (柏キャンパス)
部門: 気候モデリング研究部門
分野: 気候システムモデリング研究分野
研究室: 阿部彩子准教授
役職: 特任助教

5/2007-6/2009


所属: 東京大学 気候システム研究センター(柏キャンパス)
部門: 気候モデリング研究部門
分野: 気候システムモデリング研究分野
研究室: 阿部彩子准教授
役職: 研究員

1/2005-3/2007


所属: ニュージャージー州立ラトガーズ大学 環境予測センター及び環境科学科(アメリカ合衆国、ニュージャージー州、ニューブランズウィック市)
研究室: Anthony J. Broccoli教授
役職: 研究員

1/2002-12/2004


所属: ベルン大学 物理学科 気候環境物理部門(スイス連邦、ベルン市)
研究室: Thomas F. Stocker教授
役職: 研究員

学歴

9/1997-12/2001


大学院: ヴィクトリア大学 地球海洋科学科(カナダ、ブリティッシュコロンビア州)
指導教員:Andrew J. Weaver教授(気候モデリング)
学位: 2002年5月* PhD
*形式上、PhDの取得年月日は2002年5月ですが、単位や学位論文審査を含め、全必須条件は2001年10月に修了しました。

4/1995-3/1997


大学院: 早稲田大学大学院 理工学研究科 資源及材料工学(資源)専攻
指導教員:(故)野口康二教授(物理探査)
学位: 1997年3月 工学修士

4/1991-3/1995


大学: 早稲田大学 理工学部 資源工学科
指導教員:(故)野口康二教授(物理探査)
学位: 1995年3月 工学学士

GRENE北極気候変動研究事業 優秀賞(2016.03.04)


報告ページ

2001 Tertia M.C. Hughes Memorial Prize (2002.05.24)


カナダ気象海洋学会(Canadian Meteorological and Oceanographic Society)より2001年Tertia M.C. Hughes Memorial Prize/Prix commemoratif Tertia M.C. Hughes

学会による当時の解説文章: "One graduate student prize may be awarded each year in the name of Tertia M.C. Hughes for a contribution of special merit by a graduate student registered at a Canadian university or by a Canadian graduate student registered at a foreign university."; "To Dr. Masakazu Yoshimori for his exceptional contributions to Milankovitch-scale climate research that were carried out at the University of Victoria as part of his doctoral thesis entitled "Modelling Studies of Glacial-interglacial Transitions" involving numerical simulations into the possible causes and mechanisms of glacial inception and termination."

報告ページ 現在の解説文章

委員等

日本学術会議 地球惑星科学委員会 地球惑星科学国際連携分科会 IASC小委員会


役職: 委員
期間: 2017.12.22-2020.09.30
(IASC: International Arctic Science Committee)

日本北極環境研究コンソーシアム 北極環境研究長期構想ワーキンググループ


役職: メンバー
期間: 2013年2月-現在

日本気象学会 北海道支部


役職: 幹事
期間: 2015年4月-2018年9月

日本気象学会 選挙管理委員会


役職: 委員
期間: 2009-2010年度

取材等

2016.09.04


NHKスペシャル「シリーズMEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~第1集 加速する異常気象との闘い」放映(取材協力、字幕謝辞あり)

2015.06.28


日本経済新聞朝刊に取材記事「薄氷に映る北極のいま」が掲載

その他

researchmap