東京大学 大気海洋研究所 気候システム研究系

高薮研究室 ―Takayabu Laboratory―
English | Japanese

      
Contents
• Home
• 概要
• 研究紹介
• 教員紹介
• メンバー紹介
• 学術論文等
• 博士・修士論文
• 研究室の生活
• 学生募集
• 一般向けパンフレット

Link
• 東京大学
• 大気海洋研究所
• 気候システム研究系
• 全球降水観測計画
(GPM)
• 2-1503メンバー専用
(地球環境研究総合推進費)
• 2A-1201メンバー専用
(地球環境研究総合推進費)

高薮研究室ホームページへようこそ

本研究室では、『雲・降水システムが全球の気候に果たす役割の理解』および『熱帯気象とその気候への影響』をテーマとして、様々な角度から研究を行っています。主に人工衛星データや全球気象データを用いた解析を通して、雲・降水システムの統計的特性や熱帯域のマルチスケール相互作用、気候影響に関する研究に取り組んでいます。また、現象解析から得られた知見を、気候モデルの改良に役立てることや、温暖化に伴って身の回りの気象がどのように変化するかを知るための知識とすることもひとつの重要な目標です。

        キーワード: 
        雲・降水システム、地球衛星観測、GPMTRMM
        熱帯大気、エルニーニョ、熱帯擾乱、マッデン・ジュリアン振動、
        マルチスケール相互作用、気候など


What's New