東京大学 大気海洋研究所 気候システム研究系

高薮研究室 ―Takayabu Laboratory―

      
Contents
• Home
• 概要
• 研究紹介
• 教員紹介
• メンバー紹介
• 学術論文等
• 博士・修士論文
• 研究室の生活
• 学生募集
• 一般向けパンフレット

Link
• 東京大学
• 大気海洋研究所
• 気候システム研究系
• 全球降水観測計画
(GPM)
• 2-1503メンバー専用
(地球環境研究総合推進費)
• 2A-1201メンバー専用
(地球環境研究総合推進費)

メンバー紹介

• 高薮 縁 (教授)      メール: yukari(at)aori.u-tokyo.ac.jp

気候が降水システムの特性をいかに決めるか、全球気候における熱帯積雲対流や降水のマルチスケールの役割、について、熱帯降雨観測計画(TRMM)衛星、静止気象衛星、最新の再解析データを含む気象データ、世界の気候モデルデータなどを利用して研究しています。
 2014年2月末にはTRMMの後継である全球降雨観測計画(GPM)の主衛星が無事軌道に乗り観測を始め、地球上の91%の地域で降水の3次元構造が得られることになりました。気候の変化と共に雨はどのように変わるかを知るためには、降水システムの特徴を決めるメカニズムを理解することが重要です。TRMMの3次元降水レーダデータにより日本周辺や世界の降雨特性についてたくさんの新しい発見がありました。各地の極端降水はどのようなシステムから降るのかについても興味深い結果が出ています。これからGPMのデータが使えるようになり、更にたくさんの発見が期待できます。
 一方で、雄大積雲、積乱雲、雲クラスター、赤道波擾乱、マッデンジュリアン振動(MJO)、ENSOへと、熱帯降水システムを介した、数㎞から地球規模までのマルチスケール相互作用過程の解明も重要なテーマです。100㎞スケールの降雨バンドによる運動量輸送がMJOの構造を変えたり、数千㎞の西風バーストや積雲活動と結びついた大気赤道波がエルニーニョの開始や終了に影響したりと、マルチスケール現象のあちこちに面白い発見があります。
 これらの現象解析から、大気海洋研が他機関と共同で開発を進めている気候モデルMIROCや、全球雲解像モデルNICAMなどのモデル研究への貢献も私達の重要な目標です。

• 濱田 篤 (特任助教)      メール: a-hamada(at)aori.u-tokyo.ac.jp    個人ページはこちら

人工衛星に搭載された降水レーダーの観測から、降雨強度や潜熱加熱を精度良く導出する手法について研究しています。また、世界各地の極端降水について、その特徴や大規模な気象場との関わりについても研究し ています。雨・雲・大気などを観測する複数の衛星観測を用いて、雲・降水システムの3次元構造を記述することも目標の一つです。

• 辻 宏樹 (研究員)      メール: h-tsuji(at)aori.u-tokyo.ac.jp

学生時代は台風の大きさ(強風半径)の変化メカニズムを明らかにするために、台風を模した渦に加熱強制を与えた時の渦の大きさの変化を調べる研究を行っていました。今後は中緯度の渦や降水に関する研究、衛星データを用いた台風の降水に関する研究を行う予定です。

• 横山 千恵 (研究員)

熱帯・亜熱帯域の降雨特性の定量的把握と、それが大規模循環場や総観規模擾乱とどのように関係しているのかに関する研究を行ってきました。最近は梅雨などの中緯度域の雨にも興味を広げて研究を行っています。

• 日高 康輔 (修士2年)      メール: k-hidaka(at)aori.u-tokyo.ac.jp

梅雨前線の変遷に関する研究をしています。

• 高野 雄紀 (修士2年)      メール: ytakano(at)aori.u-tokyo.ac.jp

水循環に興味があり、今は熱帯と中緯度の間の水蒸気輸送を調べています。好きなものはビールです。

• 中村 雄飛 (修士2年)      メール: yuhi_n(at)aori.u-tokyo.ac.jp

熱帯域での対流活動と赤道波など環境場との関連について興味があります。

• 大類 大地 (修士1年)      メール: d_orui(at)aori.u-tokyo.ac.jp

現在熱帯の対流雲のことなどに関する勉強をしています。野球とサッカーが好きです。

• Ardhi Adhary ARBAIN (Research Student)      e-mail: ardhi(at)aori.u-tokyo.ac.jp

I'm studying tropical meteorology over the maritime continent, which is one of regions with the most annual rainfall in the world. My research interest is the examination of cloud microphysics, in accordance with seasonal and intra-seasonal variation over the region, by utilizing Doppler radar and satellite observations.


     

<高薮研に在籍した人々>

• 小野 茉莉花    2017. 03
• 藤島 美保     2017. 03
• 廣田 渚郎     2016. 03
• 谷田貝 亜紀代  2016. 03
• 板垣 陽太     2015. 03
• 古川 達也     2014. 03
• 岩佐 淳哉     2014. 03
• 岩見 明博     2013. 03
• 横井 覚       2012. 03
• 宮川 知己     2012. 03
• 村山 裕紀     2011. 03
• Levi Thatcher    2010. 08
• 樋口 博隆     2010. 03
• Hugo Bellenger  2008. 10
• 彦坂 健太     2008. 03
• 倉持 満好     2008. 03
• 佐藤 幸宗     2007. 08
• 池田 雄一     2007. 03
• Myung-Sook Park 2007.02
• 清木 亜矢子    2006. 03
• 横森 淳一     2005. 03
• 森田 純太郎    2005. 03
• 片山 勝之     2004. 03
• 菊地 一佳     2004. 03

高薮研究室では一緒に研究する学生さんを募集しています