1. 1.北極海の海氷面積は9月の最小期に約480万平方キロメートルまで縮小する見込みです。これは昨年、一昨年の最小時とほぼ同じ面積です。


  1. 2.アラスカ沖のボーフォート海とノヴォシビルスク諸島周辺(東シベリア海西部)などで例年より早く海氷域が後退する一方、カラ海からセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島周辺にかけての海域では遅くまで海氷が残ります。


  1. 3.ロシア側の北東航路では8月15日頃、多島海を除くカナダ側の沿岸では7月15日頃に海氷が岸から離れ、航路が開通する見込みです。

図1:今年9月10日の海氷分布予測図。色は海氷密接度、単位は%。

図3:7月1日から9月20日までの海氷分布予測値(白い場所が海氷)のアニメーション。実線は過去二年分の同じ日の氷縁(密接度30%の位置)を示す。

 海氷最小期にあたる9月10日の北極海氷域面積は、約484万平方キロメートルと予想されます。これは昨年とほぼ同じ(1.2パーセント大きい)値です。

  夏季の北極海氷面積は最近数十年の間に急速に減少してきていましたが、2013年以降はその減少傾向がみられなくなっています。今年も海氷面積が昨年までと比べて大幅に減少することはない見込みです。



・ロシア側海域の特徴

 東シベリア海では昨年と似た分布を保ちながら、周辺海域より遅れて海氷域が後退します。一方で、東シベリア海とラプテフ海の間にあるノヴォシビルスク諸島周辺の海氷は例年より早くなくなる見込みです。カラ海周辺での海氷域の後退は、昨年よりやや遅くなります。特にラプテフ海との間にあたるセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島周辺の海氷後退が遅く、9月に入っても海氷が残りやすい見込みです。 このため、海氷が大陸から離れロシア側の開水面域がつながるのは、昨年より遅い8月15日頃と予想されます。



・カナダ側海域の特徴

 チャクチ海からボーフォート海にかけてのアラスカ沖海域では、昨年より早く海氷域が後退します。このため、北アメリカ大陸沿岸は、昨年より早い7月15日頃に開水面域がつながり、航路が開通する見込みです。



----



 この予測計算には人工衛星搭載の国産マイクロ波放射計AMSR-EおよびAMSR2による観測データを用いました。予測の手法については、昨年の第一報をご参照ください。また、図2の中の昨年までの海氷域面積は気象庁による集計値を用いています。



----



 毎日の予測図は国立極地研究所の北極域データアーカイブでも見ることができます。

図2:2003年以降の最小海氷域面積(9月10日の海氷面積)の年変化。2018年の値は今回の予測値

北極海氷分布予報


2019年第一報:2019516



木村詞明, 羽角博康


東京大学大気海洋研究所

北極海の衛星モニタリングや海氷予測、ここで用いた予測手法についてご質問がある場合は、木村(kimura_n@aori.u-tokyo.ac.jp)までお問い合わせください。

この予測およびその基礎となる研究は、北極域研究推進

プロジェクト(ArCS)で実施しています

図4:予測された海氷密接度の平年値(2003-2018年の平均値)からの偏差。赤が例年より早く海氷がなくなる場所、青は遅くまで海氷の残る場所を示す。

図5:予測された9月10日の海氷密接度の誤差。値が大きい場所ほど予測の不確実性が大きいことを示す。